【口コミ】Z会中学受験コースを我が家が選ばなかった理由

Z会中学受験コース 口コミ
悩み中さん
低学年のうちは塾に通わないで中学受験準備をしたい!
検討中さん
Z会の中学受験コースってどう?

 

小学3年生の息子の家庭学習のため、Z会の中学受験コースの口コミ・体験談を調べ、実際に体験してみました。

 

Z会を調べると「難しい」「ついていけない」「やめた」などネガティブな声がでてきて不安になった方もいるのではないでしょうか。

そのような評判の真相についても本記事でしっかり書いていきます。

 

結論からいうとZ会中学受験コースは検討した中学受験向け通信教育の中でいちばん実力がつきそうでした。

が、実際に体験してみて息子には合わないと判断し受講の継続は見送りました。

Z会中学受験コースは紙と動画のハイブリッドが売りですが、そこは合うお子さん・合わないお子さんがいると思われました。

本記事を読むとZ会中学受験コースに合うお子さん・合わないお子さんが分かります。

結論だけ知りたいという方向けにはこちらにまとめました。

Z会が合う子

  • 1日20分などまとまった時間がとれる
  • 学習の習慣があるお子さん
  • 家族のうち誰かがサポートできる・タブレットの準備をめんどうがらないか親が準備できる

 

Z会が合わない子

  • 中学受験へのモチベーションが低め
  • めんどうくさがり
  • 保護者が忙しい

 

 

 

 

Z会中学受験コースの特徴

まずはZ会中学受験コースの特徴3つを確認していきます。

  • 的中しやすい!質の高い問題
  • 賛否両論のハイブリッドスタイル
  • サポートが充実!小6まで対応可能

的中しやすい質の高い問題

Z会の中学受験コースは質が高いと評判ですが、2022年入試でも筑駒の理科や開成の社会の入試問題でZ会の予想問題が的中しました。

入試問題を研究してつくっていることがわかりますね。

さすがに小6講座以外は的中しないでしょうが、良問が多いことは間違いなしです。

 

賛否両論のハイブリッドスタイル

紙テキストと映像授業のハイブリッドスタイルです。

動画を見ながらテキストに書き込むのは、塾のようなスタイルですね。

「紙だけ」あるいは「タブレットだけ」の通信教育より合う子・合わない子が出てきそうです。

自分で用意できる自立したお子さんなら問題なし、タブレットとテキストの該当ページを準備して開くのが面倒に感じるお子さんは、取り組みへのハードルが少しあがります。

 

サポートが充実

Z会は通信教育が本業なので通信教育の受講生へのサポートが得意です。

質問したときには遠隔でも(直接会えなくても)分かるように分かりやすく教えてもらえます。

開講科目・学年も幅広く小6まで受講できるので塾なしでの中学受験も実現できます。

 

»Z会 小学生向け講座

 

Z会中学受験コースを体験してみた

Z会中学受験コースを小学3年生が体験しました。

資料請求すると「体験ブック」がもらえ「体験サイト」でお試し受講できます。

Z会 中学受験コース 体験ブック

まずはiPadで映像授業を視聴し、先生の指示にしたがい「授業ノート」に実際に書き込んでいきます。

それから問題演習も実際に手を動かしてテキスト上に書き込んでいきます。

Z会 中学受験コース

 

解説がわかりやすいので算数や理科の難しい分野も理解しやすかったです。

ただこの分量をこなしていくためには毎週の取り組む計画を保護者と一緒に考える・実際に声かけをするなどのサポートが必要と思われました。

ついていくことができればとても力がつきそうです。

 

わたし
やってみてどうだった?
つかれた!
長男ユウマ

 

映像授業を見ながら問題に取り組むので1回1回の時間はかかります

問題を解く時間によりますが、息子が体験したときは30分くらいかかりました。

 

もし見てみたいと思われたら体験授業はウェブサイト上で公開されているので確認できますよ。

 

»Z会 小学生向け講座

Z会中学受験コースのメリット

Z会 中学受験コース メリット

Z会中学受験コースのメリットは7点あります。

 

メリット

  • 保護者が教える負担は少ない
  • 受講科目や難易度を選べニーズに応じた受講ができる!
  • 6年生の受験対策まで対応可能
  • モチベーション維持できるポイントあり
  • 添削指導が早い
  • 通塾の時間・手間がない
  • 入会金不要・月額も塾より安い

 

保護者が教える負担が少なめ

Z会中学受験コースのメリットの一つ目は映像授業とテキストの併用であるため理解しやすく保護者が教える負担が少ない点です。

 

これはテキストですが動画を見ながら書き込み、問題演習をしていきます。

Z会 中学受験 ブログ

 

息子はピグマキッズくらぶをやっていますが、講義動画がないため新しいことを理解したり、わからないところを教えたりするのが正直たいへんです。

 

ニーズに応じた受講が可能

Z会中学受験コースは受講するお子さんの希望に応じて柔軟に受講できます。

たとえばこういう取り方もできそうです。

  • 苦手科目を夏休みだけ受講する
  • 得意科目を「最難関」コースで先取り受講する
  • 算国はトータル指導プランで理社は要点集中プラン

 

Z会中学受験コースではこのように必要な科目だけ難易度やプランを選んで受講できるのでお子さんのライフスタイルや学習状況に応じた学びや習い事との両立ができそうです。

また1ヶ月単位で受講できますので、合わなかった場合に変更や休止をしやすいです。

 

添削指導がはやい

Z会は月例テストで添削指導を受けられます。

この返送がとても早いんです。

ウェブから提出すれば提出してから3日で返送してもらえ復習をすることができます。

どんどんカリキュラムが進んでいく中学受験でスピーディに添削を受けられるのはメリットしかありません。

月例テストで難しかった問題や間違えやすい問題については「復習映像」も用意されているのでテスト後も安心ですね。

 

6年生の受験対策までカバーできる

Z会中学受験コースは6年生まで開講しているので最初から最後までZ会で中学受験ということも可能です。

5〜6年生まで習い事と両立しながら受験勉強したい人も大丈夫。

わたし
サピックスのピグマキッズくらぶは4年生までなので、6年生まで開講しているのはありがたい…

 

また6年生になると「頻出分野演習」「志望校別予想演習」も開講されます。

頻出分野演習は、国語の「難関記述対策」、算数の「立体図系難問対策」、理科の「論理的思考問題対策」、社会の「文章記述対策」などです。

志望校別予想演習は筑駒・開成・桜蔭・灘・甲陽・神戸女学院志望者向けに開講されています。

ここでもZ会の使い勝手のよさをいかしてニーズに応じた受講ができそうです。

 

モチベーション維持機能

Z会中学受験コースで学習をすすめると「ぷちぽ」というポイントが貯まります。

そのポイントにより3〜4年生は日本地図、5〜6年生は世界地図上をすごろくのような感じでゴールに向かってポイントで進んでいきます。

 

Z会 中学受験 ぷちぽ

出典:Z会公式サイト

 

「こんなのよろこぶかな?」と思われる方もいるかもしれませんね。

でも意外と人気です。

 

また「ぷちぽ」とは別に月例テスト(添削問題)を出すことにより努力賞ポイントを獲得でき図書カードなどの賞品と交換できます。

大人から見ればささいなことですが、お子さんにとってモチベーションを維持できるしかけがあるのは嬉しいですね。

 

 

通塾の時間・手間がかからない

Z会中学受験コースでは通塾が不要のため通塾時間を習い事や家族で過ごす時間にあてることができます。

保護者の方にとっても塾まで送迎する手間がかかりません

 

塾より安い

Z会 中学受験コース 値段

Z会中学受験コースは通塾より安いです。

トータル指導プラン・毎月払いの月額は以下のとおりです。

3年生 4年生 5年生 6年生
1教科 3960円 4400円 5500円 5720円
2教科 7920円 8800円 11000円 11440円
3教科 11880円 13200円 16500円 17160円
4教科 15840円 17600円 22000円 22880円

 

わたし
通塾の半額程度ですね!

もともとの価格もリーズナブルですが一括割引があり12ヶ月一括払いの場合は上の値段から15%オフ、6ヶ月一括払いの場合は5%オフとなります。

また塾だと2〜3万円かかりがちな入会金も0円となっています。

 

»Z会 小学生向け講座

 

Z会中学受験コースのデメリット

Z会 中学受験 デメリット

Z会中学受験コースの魅力を書いてきましたが、デメリットもあります。

 

デメリット

  • 塾よりサポートの手間がかかる
  • 準備に手間がかかる
  • 習得度の把握が難しい
  • 対象校が限られている
  • iPadが必要となる
  • 難易度が高く、またボリュームも多め

 

塾よりサポートの手間がかかる

Z会中学受験コースは送迎の手間は省けますがお子さんをサポートする手間がかかります。

たとえばスケジュールの管理をしたりわからない問題を教えたりする必要があります。

お子さんの学年やモチベーションにもよりますが、3〜4年生だったらZ会のような難しい勉強を自ら計画して実行できるというお子さんは稀なのではないでしょうか。

最初は保護者が一緒にスケジュールを確認したり管理したりすることが必要と思われました。

保護者のサポートが必要な塾もありますので一概に塾より大変とは言えませんが、Z会は「サポートするのがすこし大変そう!」と思いました。

 

準備に手間がかかる

Z会中学受験コースを受講するにはその都度iPadと「エブリスタディアドバンスト」を用意する必要があります。

もしZ会中学受験コースを中心に受験勉強をしていく場合はお子さんが学習のために自由に使えるiPadがあるとよいですね。

 

習得度の把握が難しい

z会中学受験コース 難しい

Z会中学受験コースでは月例テスト(添削課題)がありますが、家で受験する課題なので、塾の模試とは異なります。

また塾では毎週のように小テスト・週テストなどがありますが、Z会ではそこまでこまめに学力をチェックすることができません

Z会中学受験コースを受講する場合は将来的には塾の模試も併用して定期的に学力を把握するとよさそうです。

 

対象校(志望校)が限られている

Z会中学受験コースは対象校が限られているので志望校が対象校となっていない場合はオーバースペックになる可能性があります。

志望校が決まっていない3〜4年生に関しては「最難関」ではなく「難関」での受講でよいとのことです。

 

あわせて読む
リトルくらぶ ピグマキッズくらぶ Z会
リトルくらぶってどう?Z会やピグマキッズくらぶと比較した口コミ

続きを見る

 

iPadの用意が必要

z会中学受験コース iPad

Z会中学受験コースの受講にはiPadが必要です。

塾に行くよりは安いですが、iPadをお持ちでない方には初期費用がかかります。

ただしZ会に入会するとiPadを特別価格で購入できますよ。

 

»Z会 小学生向け講座

 

難易度が高い・ボリュームが多い

Z会の中学受験コースはご存知のとおり難易度が高いです。

2022年度のリニューアルにより難易度を選択できるようになったので以前よりはそれぞれにあったレベルでの受講ができるようになりました。

とはいっても「最難関」か「難関」なので、難しいことには間違いありません。

3年生の問題でも親にとって難しいとの声も…

 

ボリュームに関しては「多い」という方と「Z会だけでは演習量が足りない」という方に分かれます。

宿題がたくさん出される塾と比べると演習量は少なめかもしれません。

お子さんが学習に充てられる時間や学年にもよりますが、他の問題集を利用したり塾の季節講習などを併用されるご家庭もあります。

 

我が家はというと、使ってみて正直ボリュームが多いと感じました。

Z会ウェブサイトによると中学受験コース(トータル指導プラン)の各学年の1日あたりの学習時間は3年生は40分、4年生は55分、5年生は105分となっています(4教科受講・1ヶ月に25日取り組む場合)。

この時間には映像授業を見る時間が含まれていないので実際にはもっとかかりそうです。

 

「Z会中学受験コースで初めて中学受験の勉強を開始する」というお子さんにとっては十分なボリュームではないでしょうか。

 

»Z会 小学生向け講座

 

ここまではメリット・デメリットを見ていきましたが、ここからはZ会中学受験コースの全体像を見ていきます。

Z会中学受験コースのふたつのプラン

Z会中学受験コース

Z会中学受験コースには「トータル指導プラン」と「要点集中プラン」があります。

「トータル指導プラン」はその教科をまるごとZ会で学びたい人向け、「要点集中プラン」は塾と併用する人向けとなっています。

かんたんに言うと演習量の違いです。

問題は要点集中プランでもトータル指導プランでもついていますが、確認問題のみです。

トータル指導プランは確認問題に加え練習問題があり圧倒的にたくさんの問題を演習できます。

 

それぞれの流れを実際にみていきます。

トータル指導プランの内容と流れ

 

Z会 中学受験コース 口コミ

「トータル指導プラン」は、以下のような内容と流れとなっています。

step
1
要点学習

iPadで映像授業を見ながら紙テキスト「エブリスタディアドバンスト」で要点を学習します。

 

step
2
演習

演習①:アプリ上で確認問題をときます

演習②:テキストの練習問題での演習(映像による解説あり)

演習③:「毎日練習ブック」で漢字と計算の練習

 

step
3
添削課題

郵便またはWebから月例テストを提出します。

 

step
4
復習

Z会到着後、3日程度で答案が返却されます。

タブレットに配信される月例テストの解説を見たり、復習ドリルで復習が必要な事項をドリルで演習・再確認します(復習ドリルは理科・社会のみ)

 

step
5
実力テスト

力だめしテスト・定着度テストなどが年2回程度あります。

 

トータル指導プランの場合、1ヶ月の学習スケジュールを作成する機能や相談などのサポートもつきます。

 

要点集中プランの内容と流れ

「要点集中プラン」は「トータル指導プラン」に比べ演習量が少なく(練習問題がなく)月例テスト(添削課題)がありません。

インプットや要点の確実な理解が中心となります。

 

step
1
要点学習

iPadで映像授業を見ながら紙テキスト「エブリスタディアドバンスト」で要点を学習します。

 

step
2
演習

演習①:アプリ上で確認問題をときます

演習②:「毎日練習ブック」で漢字と計算の練習

 

step
3
実力テスト

力だめしテスト・定着度テストなどが年2回程度あります。

 

ふたつのプランの違い

「要点集中プラン」の場合は演習時に「練習問題」がなく、また月例テスト(添削課題)がありません。

ここで小4理科のある回を見てみます。

最初の講義は「トータル指導プラン」も「要点集中プラン」も同じ。

Z会中学受験コース 理科

Z会中学受験コース 理科

 

見開き2ページ分の講義が終わると確認問題です。

こちらも「トータル指導プラン」「要点集中プラン」共通です。

Z会中学受験コース 理科 確認問題

 

最後に練習問題ですがこちらは「トータル指導プラン」のみです。

Z会中学受験コース 理科 練習問題

 

そして「トータル指導プラン」の場合は月例テストもあります。

しっかり定着させたい人は「トータル指導プラン」、塾と併用する場合やトータル指導プランだと分量が多すぎると感じる場合は「要点集中プラン」が良さそうです。

 

»Z会 小学生向け講座

 

Z会中学受験コースの難易度

Z会 中学受験 難易度

対象校の設定あり

Z会中学受験コースの難易度は他の通信教育と比較して高めです。

対象校が設定されていて、対象校を志望校とするお子さん向きとなっています。

対象校は公式サイトで確認できますが四谷大塚の偏差値60以上の中学が多いです。

»Z会の通信教育 小学生コース

 

悩み中さん
志望校が対象校ではないのですが…

対象校以外の国立・私立中学校を受験予定の場合は、3・4年生であれば「難関」コースでの受講がおすすめとのことです。

対象校以外の国立・私立中学校を受験予定の5・6年生や公立中高一貫校の受検のみを検討している場合は中学受験コースではなくZ会の通常コースである「小学生コース」が適当とのことです。

 

「最難関」「難関」ふたつの難易度

トータル指導プランは「難関」「最難関」ふたつの難易度から選べます。(3・4年の理科社会以外)

検討中さん
どちらを選んだらいい?

 

「最難関」も「難関」もテキストや講義動画はほぼ同じです。

両者の違いは次の二点です。

 

一点目にテキストの練習問題に「最難関専用マーク」がついた問題があるのですが「最難関」の場合はその問題も学習することになります。

Z会 中学受験コース

 

二点目に月例テスト(添削課題)の難易度が異なります。

月例テストでは、同じ「最難関」あるいは同じ「難関」校を目指す母集団での順位を確認できます。

それぞれの得意・不得意などにより科目ごとに「難関」「最難関」を変更することもできますが、その場合は月例テストで複数教科を総合した「平均点」と「順位」がでないので注意が必要です。

 

 

»Z会 小学生向け講座

 

Z会中学受験コースの概要

さいごにZ会中学受験コースの概要をまとめます。

 

月会費 3960円(3年生1教科・トータル指導プラン・毎月払い)
8800円(4年生2教科・トータル指導プラン・毎月払い)
※学年・受講科目数・プランにより異なる。
入会金 なし
開講科目 算数・国語・理科・社会
(任意の科目を受講可)
開講学年 小学3年〜6年
毎月の教材 エブリスタディアドバンスト
毎日練習ブック
月例テスト(添削問題)
映像授業(要点・確認問題・練習問題)
最低受講期間 1ヶ月(2ヶ月目から退会可)
公式サイト Z会 小学生向け講座

 

 

»Z会 小学生向け講座

 

 

Z会中学受験コース おすすめな人・おすすめしない人

Z会 中学受験コース 評判

 

以上よりZ会中学受験コースをおすすめしたいのは以下のような方です。

 

Z会中学受験コースはこんな方におすすめ

  • 最難関校・難関校を志望しているお子さん
  • 特定の科目だけ特定の目的で受講したいお子さん
  • 紙テキストだけでなく映像授業も見たいお子さん
  • 塾への送迎をすることが難しいご家庭
  • お子さんの学習をある程度サポート可能なご家庭

 

1ヶ月単位で受講でき、入会金もいらないので、合わない場合のリスクはほぼありませんね。

資料請求しなくても(テキストなしでよければ)すぐに無料体験できるので、体験したい方は公式サイトを見てみてくださいね。

ちなみに今資料請求すると「最難関中学をめざすなら知っておくべき7つの極意」という情報誌がもらえますよ。

 

»Z会 小学生向け講座

 

反対にZ会中学受験コースをおすすめできないのはたくさんの分量をこなす時間がとれないお子さん・難しい問題よりも基礎を固めたいお子さんです。

Z会だとボリュームが多すぎるという場合はピグマキッズくらぶ、Z会は難しくて続かなそうという場合はスタディサプリも検討してもよいかもしれません。

 

あわせて読む
中学受験の準備ができる通信教育
中学受験のための通信教育6選!比較して口コミしました

続きを見る

あわせて読む
スタディサプリ 何年生 口コミ
小学生のスタディサプリは何年生から?どんな人におすすめ?小3の体験談

続きを見る

あわせて読む
ピグマキッズくらぶを受講した感想と口コミ・評判【塾なし中学受験】

続きを見る

© 2022 まなびの道